ホーム > 学長対談シリーズ目次 > 学長対談シリーズ 第9回

学長対談シリーズ

学長対談シリーズ 第9回ゲスト:経営協議会委員、元NHK国際部記者 江口義孝様

第9回ゲスト:経営協議会委員、元NHK国際部記者 江口義孝様

東京外国語大学を卒業後、日本放送協会に入局し、報道局外信部(現:国際部)の記者として、フォークランド紛争、中米紛争、イラン・イラク戦争など数々の国際紛争を取材されました。1996年12月に起きたペルー日本大使公邸占拠事件では、事件の発生をいち早く伝えるとともに、公邸を占拠したゲリラとの対話、人質となっていた日本大使との対話を報じ、日本放送協会会長賞を受賞されています。現在、本学の経営協議会委員を務めていただいています。国際部記者としての経験、本学の取り組みへの期待、マスコミ志望の学生へのアドバイスなどを伺いました。

立石博高学長(以下、立石学長) 本日は、本学経営協議会委員で元NHK国際部記者の江口義孝様にお越しいただきました。よろしくお願いします。

p1.png江口義孝様(以下、江口様)よろしくお願いします。

立石学長 江口さんは、本学スペイン語専攻の卒業生で、私と同期入学です。当時、学園紛争などがあり、本学は混乱期でしたね。

江口様 ええ、入学したら学園紛争により大学が閉鎖されていて、すぐに勉強しようという雰囲気にならず、私は1年留年しました。しかしそれが結果的には幸いでした。

立石学長 結果的に幸い、とはどういうことですか。

江口様 入学当初、就職先としては、商社や銀行など実業系を志望していました。ところが学園紛争をきっかけに、より公共性の高い仕事、オフィスにいるより外に出て活動する仕事をしたいと思うようになり、マスコミ志望へと変わっていきました。

p2.png------------国際部記者の仕事‥

立石学長 そうでしたか。入社後はまずどちらに配属になったのですか。

江口様 NHKは全国に放送局があり世界各地にも支局を展開していますが、皆、はじめは国内の地方局を担当します。各配属に就く前に、テレビ記者に必要なリポートと原稿執筆の訓練を受けて、地方局に出されます。そして、新人はまず事件取材を担当します。刑法なども勉強しながら、事件・事故などを取材して原稿を書きます。そのようなことをしながら人間的なコネクションを作ります。私は新人の頃、福岡を担当したのですが、その当時、コネクションのあった警察官とはいまだにお付き合いがあります。

立石学長 記者になるためには、人間的なコネクションをつくる能力も必要ということですね。

江口様 はい、自分の取材対象の方といかに親しくなって、いかにその方から話をきちんと聞き出せるかということは、記者にとってとても重要なことです。

立石学長 先日、本学で、ノーベル文学賞受賞者でジャーナリストのアレクシエーヴィッチさんの講演会をさせていただきました。彼女もジャーナリストとして、600人近くの方を対象に話を聞いて、それをルポルタージュ文学としてまとめていますね。

江口様 ええ、私も彼女の本を拝読しました。本では1人の人のお話をずっと連続して聞けたような格好になっていますが、あのようにまとめるまでには実はすごく時間がかかっていると思います。自分の胸の中にあることを本人が語るようになるまでの前段階も相当あったと思います。大変時間のかかる困難な仕事です。ジャーナリストとしての大きな仕事ですね。

立石学長 江口さんは大学時代から人間的コミュニケーションが得意でしたか。

江口様 p3.png特にそのようなことはありません。今もリポートはそれほど得意ではないし、何か資質があるわけはないですよ(笑)。ただ、これまでお付き合いした方々からは、私はあまり相手に警戒心を持たせないタイプの人間だということは言われます。気がつくとあなたは私の懐に入っている、と。そういう性格的なものはあるかもしれませんね。ジャーナリストとして、何か特殊な才能というのは要らないと思います。ただ、あえて言いますと、1つのことを追いかけていく様なしつこい性格は必要です。特に外国関係の専門記者は、中国、朝鮮半島、アメリカ、ロシアなど自分の専門とする地域や分野を、大抵は定年までやり続けます。私は紛争地を専門にするような記者でした。戦争にはよく行きましたね。

立石学長 最初の海外取材はどちらへ行かれましたか。

江口様 フォークランド紛争です。

立石学長 それはすごいですね。最初の経験がアルゼンチン、しかも社会的な軋轢の高い地域に行かれましたね。

江口様 はい、次がイラン・イラク戦争でした。

立石学長 イラン・イラク戦争では、危険な目に遭われたこともあるのではないですか。

江口様  はい。テヘランに到着して記者登録をした際に、最前線取材に行かないか、と聞かれました。断ってもいいよ、何かあっても一切保証できませんから、と。断ることもできたのですが、怖いもの見たさというのがありますよね。夜明け前に飛行機、超低空飛行のヘリコプターやジープで国境の丘の上から眼下にイラク領の平原が見下ろせるところまで行くのですが、近づくにつれて100メートルぐらい後ろにどんどん砲弾が落ちてきます。これはチャンスだと思い、砲撃が続いている間に、どーん、ばりばりという音を背景に前線でリポートしました。それを現地の記者が写真に収めていて、翌日、テヘランの英字新聞に報道されました。

立石学長 ええ、覚えています。仲間うちで「江口、すごいな」と評判になっていました。

江口様 はい、その映像を見た当時の外信部長に「おまえは何をやっておる。最前線に行くとは何事だ」とひどく怒られました。黙って行きましたからね。その後、私は逆の立場になって、様々な危険地域に部下を派遣する立場になるのですが、戦地ではどういうことが危ないとか、何に気を付けなければならないのかとか、それらを必ず全員に事前研修させるようにしました。

立石学長 自分自身の経験が管理者になった時に活かされていますね。その後、リオの支局長をされていますね。

江口様 はい、派遣される前、歴史・経済・政治の本をたくさん買い込んで、ラテンアメリカのことをかなり勉強しました。スペイン語に加えてポルトガル語も勉強しました。

立石学長 片言でも話せると現地の人にとっては全然違いますよね。

江口様 おっしゃるとおりです。リオ在住の特派員は中南米全部をカバーしています。そのためブラジルではポルトガル語ですが、ブラジルを一歩出るとすべてスペイン語での取材になります。3分の2はブラジル以外での仕事でした。当時、中米のエルサルバドル、ニカラグア、ホンジュラスなどでは紛争があり、取材によく行きました。

------人のコネクションと地域言語を駆使・・・

立石学長 p4.pngその後しばらくして、バルセロナ支局長を担当されて、その後、東京の報道局に戻られた頃でしょうか。大変な事件がありましたね。1996年の12月17日。

江口様 ちょうど20年前ですね。当時、私は国際部長を支えるような立場にいました。朝の10時過ぎ、ペルー人の知り合いから私に国際電話が入りました。日本大使公邸の方で銃声がしているという話を聞いたと言うので、すぐに車で近くに行ってみるようにお願いしました。約20分後、再度電話が入り、「大変です。日本大使公邸の中から自動小銃を撃っていて、取り囲んで警官隊も撃ち返している。今日、日本大使公邸で天皇陛下の誕生日パーティーをやっているようで多数の人質がいるようだ」というんです。ペルーの日本大使公邸には過去に1度取材に行ったことがありましたから、大使公邸の作りは何となく記憶にありました。まずは、すぐに原稿を書いてニュースで一報を流し、現場に行ってくれたペルー人の知り合いにも携帯電話から現場中継をしてもらいました。そして次に、大使公邸に電話しました。まず初めに電話した際は、ゲリラグループが電話に出ました。そこで、襲撃理由を取材しました。

立石学長 スペイン語で取材されたのですか。

江口様 もちろんスペイン語です。彼は、襲撃の理由をいろいろと述べてくれました。その取材で、逮捕・拘留されている仲間の解放が目的だということがわかりました。

立石学長 恐らく英語で聞いていたら答えなかったでしょうね。

江口様 そうでしょうね。日本の記者がスペイン語で聞いたから答えてくれたのだと思います。ほかの言葉だったらそうじゃなかったかもしれませんね。

立石学長 切られたかもしれないですね。

江口様 その後、また1時間ほどして電話を入れました。今度は私と同じような日本語の発音でスペイン語を話す人が出ました。これは現地の人ではないと思い、「あなた、誰ですか」と聞いたら、「おれは大使の青木だ。目の前にゲリラがいて銃突き付けてスペイン語でしゃべれと言われているんだ」と。中の様子を差し支えない範囲で話してくださいました。その後、フジモリ大統領がその地域の電話を携帯・無線も含めてすべて切断してしまい一切連絡取れなくなりました。このように個人的な人とのコネクションと地域言語や経験を駆使して、事件の発生をいち早くキャッチして伝えることができました。

立石学長 NHKでもスペシャル番組を作られましたね。

江口様 ええ。番組制作のため、事件解決後1・2週間して現地へ取材に行きましたが、NHKが番組を制作するということで、大統領は積極的に制作に協力してくれました。

立石学長 その後、バンコク支局長や報道局国際部長をされていますね。バンコクでは中南米あるいは中近東とは違う難しさはございましたか。

江口様 言語がすごく入り乱れていて苦労しました。タイ語をやってもカンボジアでは通じない、ベトナムでも通じない、ミャンマーでも通じない。バンコク支局長は、今はアジア総局長といいますが、要するに東南アジアとアフガンまで全部をカバーしています。管轄の各支局を管理するのが主な仕事でした。

立石学長 その後、解説主幹などを経て、バイリンガルセンターでもお仕事をされていますね。

江口様 NHKは今、外国語放送に積極的に取り組んでいます。「NHKワールド」という放送で、海外向けに外国語放送を24時間放送しています。加えて、NHK総合の夜のニュース番組「ニュース7」や「ニュースウォッチ9」では、副音声で英語放送をしています。英字新聞の朝刊では遅い情報も、夜のニュースを英語で聞ければ、少なくともその日に日本で起こったことが分りますよね。

立石学長 日本を海外に発信する、ということがNHKの役割として重要になっているということですね。

江口様 はい。それと国内にいる外国人の方々への情報サービスとしても重要です。

------記者志望の学生にアドバイス・・・p5.png

立石学長 本学では、マスコミへの就職を希望する学生が多くいますし、実際に多くの学生がマスコミへ就職しています。記者あるいはマスコミで働くためのポイントなどがあればお話ししていただけたらと思います。

江口様 国際化社会となり、マスコミは、外国で取材できる人材を増やしています。本学を卒業した方は、英語以外の言語もきちんと勉強している方がほとんどですので、マスコミとしてはとてもありがたい存在です。地域の事情にも詳しい。外国の情報を扱うセクションは、ほとんど英語を使っての仕事です。BBCやCNNの放送メディアの情報から原稿を書くこともありますが、それらの情報はすべて英語です。国際部記者になった場合は、東京での仕事も英語ができないと仕事にならないということです。ある言語と英語が同等レベルできると良いですね。それから、在学中に、できるだけ多くの本をたくさん読んでいただきたいと思います。

立石学長 マスコミ志望の学生には、どのような本をお勧めしますか。

江口様 時間によって淘汰されて残っている本、インテリが読む本、宗教に関する本、偉人の自伝、そしてその偉人の身近な人が書いた本。マスコミを志望する学生は、このような本を特に読むと記者として参考になると思います。

------東京外大の情報発信への提案・・・

立石学長 最後に、本学に対して、何かございましたらお願いします。

江口様 はい、研究成果の発信に関してひとつお願いがございます。本学で先生方が研究されていることやその成果を、国内外問わずどんどん外に発信していってほしいと思います。その点では、我々マスコミと協力していける部分も多々あると思います。

立石学長 大学が持つ地域情報を社会に発信していかなければならないですね。

江口様 はい、例えばテレビや新聞で発表されたコメントの短いミニ解説のようなものが大学のホームページにあるとありがたいですね。教員の皆さんはいろんな地域の研究をされて論文にまとめられていると思います。学者の見識で、今、世の中で起きていることをどう考えたらいいのか、見たらいいのか。時事解説的に短く書いたものが東京外国語大学のホームページなどから発信されていくと良いと思います。

立石学長 現代地域研究を扱っている教員が、より積極的に社会に発信していく、これは大事なことだと思います。2017年4月から現代アフリカ地域研究センターというセンターを立ち上げる予定です。日本社会ではまだまだアフリカについての情報が不足していますので、そうしたものを発信していけるように頑張りたいと思います。本日はお忙しいところ、ありがとうございました。

江口様 ありがとうございました。

 

学長対談シリーズ MENU

お問い合わせ・ご連絡先 | Contact

国立大学法人 東京外国語大学 Tokyo University of Foreign Studies (TUFS)

img_150th.png

東京外国語大学 総務企画課 基金担当
TEL: 042-330-5126,  FAX: 042-330-5140
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1

E-mail:

東京外国語大学建学150周年基金ホームページ
URL http://www.tufs-fund.jp